乾燥肌向けの化粧品を活用【乾燥知らずの肌に仕上げる秘密】

美容

紫外線ブロックのために

しわのケアは20代から

美容

女性の悩みのひとつ、顔のしわは20代でも出来ます。例えば、笑った時に出来る目尻のシワなどです。そして20代で出来たしわは、年齢を重ねるごとに深くなっていきます。また、年齢を重ねて深くなったしわを消すことは、自宅のケアではなかなか難しくなってしまう場合もあります。だからといって、諦めてしまってまったくケアしないわけにはいきません。それではさらに5年後10年後と、しわが深くなってしまう可能性もあるのです。20代から、しわに対する自宅ケアをはじめて、さらに年齢を重ねてもそのケアを続けるということが大事です。まず自宅ケアのひとつとしては、肌の生まれ変わりがスムーズにいくような生活習慣を心がけることです。

毎日のケアを変える

具体的にはビタミンCを多く含む食品を意識して取るようにし、夜中12時前には就寝するようにします。ふたつめは毎日使っているケアを、しわに効く化粧品に変えることです。では、しわに効く化粧品とはいったいどんなものなのでしょうか。まず、しわの原因は肌の奥、真皮層にあるコラーゲンが減少することです。そしてコラーゲンが減少する大きな原因は紫外線です。そのため、しわに効く化粧品として紫外線対策に特化しているものを選ぶのが良いでしょう。日焼け止めだけでなく、紫外線をブロックしてくれるSPFやPAの表示がある化粧品を目にすることが増えてきました。しわに効く化粧品としてSPFの数字はなるべく大きく、PAの+の数は3つもしくは4つなど、多いものを選ぶことが大事です。